患者様へ

  痛み(疼痛・張り・凝り)は、体にとって 必要 なものです。

  それは、脳が体を守るために知らせてくれる シグナル だからです。

  このシグナル(痛み)により体が壊れる(重症化する)前に、

  体に異常が起きている事を知らせてくれます。

 

    例えば、腰や肩の調子が悪いからと市販の痛み止めを飲んで楽になった

        としても、それは、関節の歪みが取れた訳でも、筋肉の過緊張が緩んだ

        訳でもなく、脳からのシグナルを一時的に止めているだけかも知れません。

        それで、治ったと勘違いし、無理をすると突然体が悲鳴をあげ、重症化

        する事が考えられます。薬が悪いとは、言いません。

        痛みで十分に睡眠が取れない場合などは、薬を飲んで痛みを抑え、睡眠

        を充分に取り安静にすることは大切な事です。

        湿布も同じ事がいえますが、大事な事は『対症療法』ではなく、痛みを

        『根本解決』する事だと思います。

 

 

 

  腰痛が重症化する、よくある例

  

   ☆ 日常生活において ☆

 

       生活(家事、畑仕事、除雪、旅行、運動......)

       仕事 (肉体労働、パソコン、出張......)

       習慣 (悪い姿勢・座り方・歩き方.....)

    

     上記をいつも以上に頑張ったり、悪い習慣を長時間継続すると、

     体(筋肉・骨格)もいつも以上に頑張る(緊張する)ことになり、

     知らず知らずのうちに体(筋肉・骨格)に少しずつ負担がかかる。       

     体(筋肉・骨格)の必要以上の頑張りが続くと..........             

    

     ⇩

 

   1腰がだるい、張りが気になる!

    

     腰部筋肉が疲労しはじめる。                        

                                             

 

               

 

   2.動作時に腰が少し痛い!

  

     腰部筋肉が部分的にロック(収縮出来ない)する、

     周辺の骨格(骨盤・股関節)の動きに支障がではじめる。             

     骨格の動きを補助するため、他の筋肉が動員される。              

     動作・関節可動域が制限されはじめる。

 

     ⇩

 

   3.座位、立位、仰向けでじっとしてても腰が痛い!

 

     腰部筋肉の疲労がピークに近ずき、補助する筋肉の疲労がはじまる。

     骨格(骨盤・股関節)の動きが更に悪化し、他の骨格(下肢・上肢)の動き       

     にも支障が出始め、日常の動作が更に制限される。              

 

     ⇩

 

   4.腰の強い痛みが持続し、腰周辺(下肢等)にシビレ!

     

     腰部だけでなく周辺の補助筋肉の疲労もピークをむかえる。           

     骨格の動きが悪化し、日常動作がままならない状態となる。

 

 

     ⇩

  

   5.起き上がれない!                                 

          

          

   

   どこか気になり始めたら、いつも以上に身体を労ってあげて下さい。

   この腰の例以外にも、事務仕事や家事等による肩こりから始まり、

   重度の腰痛になったり、 さまざまなケースがあります。

   上の腰の例では、初期段階(1~2)では、暴飲暴食や夜更かしをせず、

   温めの風呂に長目に入り、睡眠を十分にとる事で疲労回復が見込まれ、

   症状が改善もしくは悪くならなずに良い方向に向かいます。

   また、整体院や整骨院等で施術すると早期改善が見込まれます。

   しかし、段階が進むにつれて(3~6)になると、ご本人も

   かなり辛く、日常生活や仕事にも支障を来してくるのではない

   でしょうか。整体院や整骨院に行っても、完治まで長期化し、

   施術回数も多くなる場合もあります。

   大事なことは、脳からのシグナルを軽く考えないで、

   早めに対処することです。